メニューを開く

コラム
コラム

故人にとっても残された家族にとっても良い式を

お葬式は故人にとって最後のセレモニーとなり、残された遺族にとっても故人との最後の分かれの式となりますね。

そんな葬儀の種類や葬儀に対する考え方も近年多様化してきています。

核家族化が進んだことによるお墓の管理の仕方や少人数で葬儀をおこなう家族葬なども増え、色々なかたちで変化しています。

他にもペットと一緒に暮らす方も増加しており、ペット葬の需要も高まっています。

また終活という、2010年に新語・流行語大賞にもノミネートされた言葉の影響もあり、自分自身の人生の最後について事前に備え準備しているという方も増えてきています。

故人にとっても残された家族にとっても良い式をおこない、最後のお見送りしたいですね。

そのためにも信頼できる葬儀会社を選ぶことが大切です。

実際、臨終から葬儀までの期間に準備はとてもスピーディーに進んでいきます。

法的な手続きから、葬儀の準備と目まぐるしく進みますので、分からないことは担当者と確認し合いながら準備を進めましょう。

東京都小平市の株式会社エムエスジーの葬儀の正行では、さまざまなかたちの葬儀に対応することが可能です。

家族葬をはじめ、自宅葬、ペット葬、音楽葬やオリジナル葬など故人や遺族のみなさまのご希望にそったかたちの葬儀をサポートいたします。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

ペットの葬儀ではどんな準備が必要?

ご家庭でペットと一緒に暮らす方が増え、家族の一員であるペットが亡くなった際におこなうペット葬の需要も高まっています。

人と同じようにペットも葬儀をおこない送り出してあげたいというご家族の想いを大切にし、ペット葬のかたちも多様化しています。

急なことで深い悲しみを抱えていると思いますが、まずはペット葬が可能な業者へ連絡してみてください。

遺体はタオルの上に寝かせ、風通しが良く涼しい場所に安置して、首輪などカラダに装着した状態のままにしておかず、外しておきましょう。

そして、死後硬直がはじまる前に目や口は閉じてあげ、足はピンとした状態ではなく折り曲げ寝ている時のような状態にしてあげてください。

そして、火葬の際に一緒に棺に入れてあげるものを用意しておきましょう。

一緒に入れてあげることが可能な物と不可能な物がありますので、事前に業者に確認しておくと良いですね。

東京都小平市の株式会社エムエスジーの葬儀の正行では、さまざまなかたちの葬儀に対応することが可能です。

ペット葬ではセレモニープランと火葬プランの2つのタイプのプランをご用意しておりますので、ご希望のプランにて葬儀のサポートをさせていただきます。

葬儀に関するお悩みをお持ちの方もご相談ください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

遺影を選ぶ時のポイント

初めてお葬式の準備に関わる時、どんな準備をしたらいいのか分からないことがたくさんありますよね。

その準備の中には遺影を選ぶこともあげられます。

遺影を選ぶのが大変だったという声や、時間がかかったという声も耳にします。

中には故人自身があらかじめ使ってほしい写真を選んでいる方もいらっしゃいますが、残された遺族が遺影の写真を選ぶケースも多いです。

また遺影は、お葬式の時だけでなく自宅に戻られてからもお部屋に飾る方が多いと思います。

故人を思い起こせる良い写真を遺影として使いたいですよね。

そんな遺影に使う写真を選ぶ時のポイントは、まずは写真がぼやけておらず、故人が大きく写っていること。

そして、表情や故人らしさを感じられる写真を選ぶことが重要です。

病気を患っていた場合は病気前の元気な頃の写真を選んだり、何かの記念の時に撮った写真を選んだりしてみてくだい。

写真の修正技術も高まり、背景などに手を加えることも可能となっています。

東京都小平市の株式会社エムエスジーの葬儀では、さまざまなかたちの葬儀に対応することが可能です。

家族葬をはじめ、自宅葬、ペット葬、音楽葬やオリジナル葬など故人や遺族のみなさまのご希望にそったかたちの葬儀をサポートいたします。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

供花をする方法は?

亡くなられた方との関係性によっても異なるので一概にはいえませんが、会社としてあるいは〇〇一同として供花を送る場合はどのようにお花を手配するとよいのかご存知でしょうか?

今回は、供花をする際の方法についてお話ししたいと思います。

まず最初に、ご遺族様か斎場へ直接連絡をして、会場で供花をしてもよいかを確認しましょう。

故人様やご遺族様のご意向で、供花を受け付けていない場合もあります。

他にも、宗教や葬儀の種類、斎場の広さなどによっては、供花の種類やサイズの指定がある場合も考えられます。

キリスト教の式の場合は、キクの花でなくユリや白いお花が飾られることが多いことや式が行われる会場に供花を行わない場合も多いです。他にも、葬儀会社を通しての供花以外を受け付けていない場合もあります。

供花が可能かそうでないかの確認ができたら、葬儀会社か外部の業者に供花の手配を行います。このとき、どこに何時頃到着するように手配をするかをしっかり確認しましょう。

近年は、葬儀は一般葬だけでなく、家族葬や1日葬を選ばれるケースも多いので、訃報を連絡を受けた際に斎場の場所と連絡先を確認して、直接供花の流れについて問い合わせると、葬儀の雰囲気に適したお花を送ることができます。

お通夜やお葬式でわからないことがある場合は、葬儀会社に確認をすると安心です。

小平市近辺で、供花や生花販売のことなら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

個別火葬のペット葬で後悔をしないお別れを

ペットは家族の一員です。愛するペットが亡くなったときの悲しさは、人もペットも変わることはありません。愛犬や愛猫、ペットと過ごした日々はかけがえのない時間です。

ペットの葬儀も人間と同じように行われ、個別火葬と合同火葬があります。

合同火葬では、同時期に亡くなられた他のペットと一緒に火葬が行われるため、一般的にご自身のタイミングで最期のお別れをしにくいことや、収骨に立ち会うことはできません。その分費用が安いといわれています。

個別火葬の場合は、火葬が終わり収骨に立ち会う方法と立ち会わない方法があります。

立ち合いを行う個別火葬の場合は、人間の葬儀の流れと同じように、納棺から火葬、収骨を行い、お家にご遺骨の入った骨壺を持って帰られる、ペットの入ることができる墓地や霊園に納骨を行うなど、飼い主さんのご意向にそった方法を選択することができます。

このため、最期のお別れをちゃんと行いたいという方は多く選ばれる方法です。しかし、その分金額が高くなります。

ペットなのに、人間と同じような葬儀をするの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、愛するペットを安らかに天国に送りたい、虹の橋で待っていて欲しいと願う飼い主様の想いは、ペットを心から愛されたことのある方なら共感できるはずです。

小平市近辺で、愛犬や愛猫などのペット葬をお探しなら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

近年、葬儀のカタチや概念が変わってきている

大切な方が亡くなられた際に行われる「葬儀」は、時代の流れによって種類が大きく変わってきています。

例えば、30年前と現在の葬儀について考えてみると、葬儀は行うものの、どんな種類の葬儀にするか、どんな規模で行うかなど、多種多様な方法が選べるようになりました。

宗教観やお寺とのつながりの変化、お寺や霊園など墓地の種類の広がりなど、さまざまな理由が挙げられますが、日本国内で新型コロナウイルスの感染が拡大したことは、葬儀のカタチを一気に変える決定打となったといってもよいのかもしれません。

2020年においては、一般葬や家族葬、自宅葬、直葬などこれまでは葬儀の種類を選べたものが、参列者がご高齢であったり、基礎疾患を抱えておられるなどさまざまな理由で人との接触を避けるため、密を避けるために葬儀に参列することができないという方もいらっしゃったかもしれません。

これからは、生活もこれまでとは違う新しいスタイルに変わっていくことが考えられます。

今までは、一般葬を考えていた方も、参列者のことを想い家族葬や直葬にするという選択をされる方も増えています。

大切な方との最期のお別れの時間、真心を込めたサポートをさせていただきます。

小平市で葬儀会社をお探しの方は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

大切なペットが亡くなった時のペット葬は事前に調べしっかり確認しておくと安心

昔はペットが亡くなると裏庭や山間部に埋めるなどの方法で供養されている場合がほとんどでしたが、

現代は生活環境の変化やペットに対する意識なども高まりから大切な家族の一員であるペットが亡くなった時はペット火葬を行い、供養する場合が多くなってきています。

 

家の中で家族と共に暮らすペットが増えた今ペットの寿命は昔に比べて大幅に伸びてきましたが寿命が延びたとはいえ、人間よりははるかに短く、いつしかペットを看取り、火葬する日が訪れます。

生き物を飼うという事はいつかその日が間違いなく訪れるということ。

その日が来た時に慌てず、悔いなくお別れできるようペット葬については事前に調べどこにお願いしたらベストなのか比較検討・確認をしておくと安心です。

 

ペット火葬には家のペットと共にまとめて火葬される合同火葬や火葬に立ち会う立会火葬、ペットだけを預かって単独で火葬する個別火葬やきちんとセレモニーを行う特別火葬など様々なプランがあります。

家族と話し合い、希望や金額的な事なども考慮しつつホームページや口コミなどもよく比較検討し、理想に合ったペット葬を行ってくれるところを選びましょう。

 

 

東京都小平市にある「株式会社エムエスジー 葬儀の正行」は葬儀・家族葬だけでなく人形供養やペット葬も行っており、丁寧で真心のこもった対応の安心会社。

僧侶により読経を行うセレモニープランや火葬のみの火葬プランがありお墓も3つのタイプの中からお選びいただけます。

まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから

 

■お問い合わせフォーム

https://www.masayuki-msg.jp/contact/

詳細はこちら

昔から大切にしていた物をお焚き上げ供養をして整理したい

子供のころから大切にしていた人形やひな人形、ぬいぐるみの他、遺品として残されたアルバムや衣類、仏具、お守りなど捨てるに捨てられず整理・処分にお困りになっている方は多いのではないでしょうか。

人形やぬいぐるみなどは災厄を持ち主の代わりに引き受けてくれるものと昔から言われており、ごみとして処分するというのは気持ち的にも辛く、心苦しいと捨てずに家に保管するしかないと保管している方が多いです。

しかし家にスペースがあるうちはまだ良いですがスペースがなく置き場に困る場合やほこりやダニが溜まってしまい不衛生となって困る方も。

 

遺品として残されたものも同様、いつまでも残しておいても仕方のないものは衛生面においても決して良い事とは言えません。

思い切って気持ちの整理をして不要なものを処分したいという場合はお焚き上げ供養をするという方法があります。

神仏に関わるものや大切にしていて想いのこもったものを供養する場合は通常お寺や神社などで焼いて供養するのが一般的でした。

しかし現在は環境問題が重要視されているため、お寺や神社でのお焚き上げ供養の供養を行わなくなったところが急増中。

お焚き上げ供養したくてもできない時はお焚き上げ供養を行っている葬儀業者に相談するのがおすすめです。

 

東京都小平市にある「株式会社エムエスジー 葬儀の正行」は葬儀や家族葬、ペット葬、生花の販売の他、お焚き上げ供養も行っており、丁寧な対応が口コミでも高評価。

供養後環境に配慮した施設で焼納するので安心です。

まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから

 

■お問い合わせフォーム

https://www.masayuki-msg.jp/contact/

詳細はこちら

コロナ禍の中でも大切な葬儀はきちんと行いたい

新型コロナや少子高齢化・時代の流れなどの影響により葬儀のカタチというのも様々に変化してきています。

しかしどんな形であれ大切な人の旅立ちをきちんと見届けたいという願いは同じ。

お別れの日が来た時の状況で一番悔いのない方法で行うのが最善の方法ではないでしょうか。

 

現代の価値観では葬儀は大規模ではなく気心の知れた身内だけで静かに見送るという考え方が多くなっているほかコロナ禍の現在は感染者を出さないためにも最少人数で式をあげるという傾向が高まっており家族葬を選ぶ方が増えています。

家族葬とは親しい方を中心に故人をお見送りするお葬式の総称。

一般的な葬儀と式の流れはほぼ同様ですが家族葬だからといって家族だけで葬儀を行わなければならない訳ではありません。

明確な定義が無いため親せきや故人ととても親しかった友人なども参列が可能。

一般の葬儀よりも20~30名程度と人数が少ないため人が密になることを避けることが出来ます。

その他、セレモニーホールではなくご自宅で葬儀を行う方法やお葬式を行わず火葬のみ行う方法などがあるので依頼する葬儀業者のプランを良く比較検討してから決めるようにすると後々後悔せずに済みます。

 

東京都小平市の「株式会社エムエスジー 葬儀の正行」ではさまざまな葬儀プランを御用意しており真心を込めた葬儀のトータルサポートをさせていただきます。

お問い合わせ・ご相談お待ちしております。

お問い合わせ・ご相談はこちらから

 

■お問い合わせフォーム

https://www.masayuki-msg.jp/contact/

詳細はこちら

小平市の葬儀の形

 

小平市の葬儀の形と言っても、地域的に特別な儀式があるというものではありません。

葬儀の形は、家族の形が変化している現代で、少しずつ変化していることは、葬儀を実際に執り行った人は実感しているのではないでしょうか。

 

最近では、家族などごく身近な人たちだけで執り行う家族葬などが多くなってきており、一般的な葬儀を行う人が減少傾向にあります。

葬儀の規模や形が変化しても、大切な人を亡くし、最期のお見送りをするという気持ち自体は、変化していません。

故人の意思を尊重した葬儀の形にこだわっている人の方が増えてきているのかもしれません。

 

そして故人やご遺族の意思をもとに葬儀を行っているのが、葬儀の正行です。

一般的な葬儀プランから、自宅葬プラン、家族葬プラン、火葬のみを行う直送プランなどの他にも、

宗派に合わせたプランも用意しているので、葬儀の形や予算、参列者の人数に合わせて選ぶことができます。

どの葬儀のプランも流れは同じで、お亡くなりの連絡から、お迎え、ご安置、葬儀、アフターケアーまでトータルな支援を行い、葬儀を滞りなく終えることができるようなサポートを行っていきます。

葬儀に関して必要な届け出についても一緒に携わるので、不備や不安なく葬儀を終えることができます。

 

 

小平市の葬儀屋「葬儀の正行」は、家族葬・密葬・一日葬・直葬などご家族、ご遺族の想いを形にし真心込めてサポートしております。
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら