メニューを開く

コラム
コラム

一般的に家族葬はどこまで呼ぶの?

家族葬は明確なルールや定義があるわけではないので、どこまでしか呼んではいけないといった決まりはありません。

ただ、大体の場合は家族+親戚などの親族を入れた20名程度を指すことが多いです。

あまり友人などは含めないケースが多いです。
ただ明確なルールはないとお伝えしたので、家族以外に数名の知人を呼ぶことでも全く問題ありません。

もし呼びたい人が結果的に30名、40名となる場合は家族葬というカテゴリーは意識せず、一般的なお葬式として考えるのがベターです。

もし家族葬を行う場合は、どこまで呼ぶかを明確にしておいた方が良いでしょう。

例えば、「誰々は知らせてくれなかった」、「誰々は呼ばれた」などの差異ができてしまうと親族関係をこじらせてしまう可能性があります。

ご親族を呼ぶ場合はその親のみを呼ぶ(子供は呼ばない)などと明確にしておけば、そこまで関係が悪化することはないでしょう。

そしてご家族や親族以外には、「身内のみでお葬式をやる予定なのでご了承ください。お葬式とは別にお別れ会を開催する予定ですのでそちらにご参加頂ければ幸いです」などと事前に伝えておけば、なぜ連絡が無かったのか、のなどと疑問を持たれることもないでしょう。

お問い合わせはこちらから

 

詳細はこちら

つらいペットロス。心の区切りをつけるために

家族同様に可愛がっていたペットが亡くなったとき、

例えようもない悲しみに襲われ

いつまでも気分が優れないという経験をしたことはありませんか?

 

これが、いわゆる「ペットロス」です。

 

大切な存在を失ってしまったときは

誰もがそのような状態に陥ることがありますが、

その悲しみが重症化すると

心の病や身体的な病気に発展してしまうことがあります。

 

ペットの死に直面してしまったとき、

一時的に気分が沈んでしまう期間が訪れるのは仕方のないことです。

しかし、いつまでも悲しんでいては

大切なペットも安心して虹の橋を渡ることができないでしょう。

 

ペット葬は、大切なペットに感謝の気持ちを伝え

きちんとお別れをするための心の区切りの場でもあります。

ペットのため、そしてご自身のために供養の場を設け、

穏やかな気持ちで送り出してあげてください。

 

 

東京・小平市の『葬儀の正行』は、大切な方との最後のひとときを

真心込めてお手伝いする葬儀社です。

 

時代とともに変化する葬儀の形に柔軟に対応し、

一般葬、家族葬、自宅葬、直葬など

ご希望に合わせたプランを幅広くご用意しています。

 

大切な家族の一員であるペット葬や生花のご注文も承っております。

ご相談からお見送りまで、葬儀に関するトータルサポートは

安心して『葬儀の正行』におまかせください。

 

 

お問い合わせはこちらから

 

詳細はこちら

正喪服・準喪服・略喪服。家族葬ではどれを着る?

身内だけで、あるいは親しい間柄のみで行われる「家族葬」。

『葬儀の正行』では、20名様までの葬儀を想定したものを

家族葬プランとしてご用意しています。

 

葬儀の際には、喪服を着用するのがマナーです。

喪服には「正喪服・準喪服・略喪服」と呼ばれる3つの格式があり、

立場によって使い分けています。

 

「正喪服」は、喪主と三親等までの親族が着用します。

和装やモーニングコートなど格式を重んじる服が使われますが、

近年では喪主皮であっても準喪服を着用する方が増えています。

 

「準喪服」は、いわゆる喪服と呼ばれる服装です。

喪主側でも参列者でも着用することができます。

 

「略喪服」は、ブラックフォーマル以外の暗い色

(黒・紺・グレー・茶など)のスーツやワンピース、

あるいはお子さまの制服やリクルートスーツなどを指します。

 

近年では成人が略喪服で参列することはあまりないため、

家族葬では準喪服を選択する機会が多いでしょう。

 

 

東京・小平市の『葬儀の正行』は、大切な方との最後のひとときを

真心込めてお手伝いする葬儀社です。

 

時代とともに変化する葬儀の形に柔軟に対応し、

一般葬、家族葬、自宅葬、直葬など

ご希望に合わせたプランを幅広くご用意しています。

 

大切な家族の一員であるペット葬や生花のご注文も承っております。

ご相談からお見送りまで、葬儀に関するトータルサポートは

安心して『葬儀の正行』におまかせください。

 

 

お問い合わせはこちらから

 

詳細はこちら

家族葬のメリット

今、親しい方だけでこじんまりとした式を行う

家族葬を選択する方が増えています。

その理由は、やはり金額です。

 

とある調査によれば、

一般的な葬儀費用の平均は約120万円程度と言われています。

規模の大小によって多少の変化はあるものの、

葬儀というのは100万円~200万円程度の費用がかかるもの

という認識が当たり前でした。

 

しかし、近年では核家族化や少子高齢化が進み

100人近い参列者を招いて大掛かりな葬儀を行うというよりも

近親者のみで行う小規模な式を選択する方が多くなってきました。

 

近しい方のみで見送ることで、参列者の対応などに追われることもなく

ゆっくりと最後のお別れをすることができます。

金額だけでなく、時間の過ごし方においてもメリットが大きいのが

家族葬なのです。

 

 

東京・小平市の『葬儀の正行』は、大切な方との最後のひとときを

真心込めてお手伝いする葬儀社です。

 

時代とともに変化する葬儀の形に柔軟に対応し、

一般葬、家族葬、自宅葬、直葬など

ご希望に合わせたプランを幅広くご用意しています。

 

大切な家族の一員であるペット葬や生花のご注文も承っております。

ご相談からお見送りまで、葬儀に関するトータルサポートは

安心して『葬儀の正行』におまかせください。

 

 

お問い合わせはこちらから

 

詳細はこちら

おひなさまや五月人形をお炊き上げ供養するタイミングは?

お子さまの誕生を祝い、お子様の健やかな成長を願い、おひなさまや五月人形をお子様に贈るご家庭も多いと思います。

お子さまのケガや病気をおひなさまや五月人形が、身代わりになり守ってくれるという役目を果たしています。

小さい時から毎年、ひな祭りやこどもの日にお人形を飾っている記憶をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

しかし、お子さまが無事成長し、役目を果たしたおひなさまや五月人形の収納スペースに困っているという声も耳にします。

そんな時は、お人形のお炊き上げ供養に対応している機関に相談してみるのも良いですね。

大切なお子さまをずっと守ってくれたお人形に感謝の気持ちを伝え、送り出してあげてください。

東京都の小平市にある葬儀会社「葬儀の正行」では、お人形などのお炊き上げ供養の対応も可能です。

お炊き上げ供養を検討中の方も気軽にご相談ください。

また、葬儀の正行では一般葬をはじめ、家族葬や自宅葬、直葬などさまざまなプランをご用意しています。

それぞれのご希望にそったかたちでの葬儀への対応が可能ですので、故人との大切なお別れの場を整えるお手伝いをさせていただきます。

ペット葬や和花や洋花の生花のご注文も承っておりますので、お問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

お葬式に供えられる花の種類

葬儀に供えられる花の種類も、故人の属する宗派により違いがあることをご存知でしょうか。

仏式、神式、キリスト式、それぞれに供花のマナーがあります。

仏式、神式では白色を基調とし、菊や百合、カーネーション、胡蝶蘭、季節の花などが代表的です。

キリスト式では、生花を用いて白色のお花だけでなく、カーネーションや薔薇などの明るい色合いのお花も使用されます。

故人との最後のお別れの場である葬儀では、宗派の形式を守ることも重要です。

初めて喪主を務める場合や、故人が好きだった花を使用できるか判断が難しい時は、打ち合わせの際に確認しておくと安心ですね。

また、故人宛にお花を贈りたいという想いをお持ちの方も事前に、故人や喪主の意向、設置スペースの有無などを葬儀会社に確認しておくことが大切です。

東京都の小平市にある葬儀会社「葬儀の正行」では、一般葬をはじめ、家族葬や自宅葬、直葬などさまざまなプランをご用意しています。

それぞれのご希望にそったかたちでの葬儀への対応が可能ですので、気軽にご相談ください。

故人との大切なお別れの場を整えるお手伝いをさせていただきます。

ペット葬や和花や洋花の生花のご注文も承っておりますので、お問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

葬儀の打ち合わせのポイント

初めて喪主を務める時や、故人からの意向を汲んだ式を行いたい場合、打ち合わせがとても重要です。

大切な方が亡くなった直後は、深い悲しみを抱えながら式も無事に行わなければならないというプレッシャーを感じる方もいらっしゃいますよね。

まずは、落ち着いて葬儀会社に連絡をしましょう。

式までの流れはとてもスピーディーに進んでいきます。

分からないことや、不安な点、疑問点は打ち合わせの際にどんどん確認していきましょう。

また、葬儀会社によってさまざまなプランや特徴、サポート体制にも違いがあります。

故人の希望にそった式を行う場合、そのプランで対応可能な範囲かどうかも調べ相談しておくことも重要です。

疑問点など解消し、故人を送り出す葬儀の場を一緒に整えていきましょう。

東京都の小平市にある葬儀会社「葬儀の正行」は、一般葬をはじめ、家族葬や自宅葬、直葬などさまざまなプランをご用意しています。

それぞれのご希望にそったかたちでの葬儀への対応が可能ですので、故人との大切なお別れの場を整えるお手伝いをさせていただきます。

お炊き上げ供養を検討中の方も気軽にご相談ください。

ペット葬や和花や洋花の生花のご注文も承っておりますので、お問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

宗派を問わず、どなたでもご利用いただけます

日本では、多くの葬儀が仏教式で行われています。しかし、同じ仏教でも宗派によって作法や儀礼に違いがあり、特定の宗派にのみ対応しているという葬儀社もそんざいします。

 

『葬儀の正行』では、宗派を問わずどなたでもご利用いただけます。ご連絡いただく際に一緒にお伝えいただければ、各宗派に合わせたご用意をいたします。

 

宗派がわからず困っているときも、慌てず当社までご相談ください。位牌や戒名、お墓の文字などで宗派を判別する方法もございますので、状況に応じてご遺族様のサポートをさせていただきます。

 

また、故人様の希望で「こんな葬儀にしたい」というご要望がある際もどうぞご相談ください。宗派や儀礼にこだわらず、故人様やご遺族様の想いを大切にしたひとときをお過ごしいただけるよう対応いたします。

 

東京・小平市の『葬儀の正行』は、大切な方との最後のひとときを真心込めてお手伝いする葬儀社です。時代とともに変化する葬儀の形に柔軟に対応し、一般葬、家族葬、自宅葬、直葬などご希望に合わせたプランを幅広くご用意しています。

大切な家族の一員であるペット葬や生花のご注文も承っております。ご相談からお見送りまで、葬儀に関するトータルサポートは安心して『葬儀の正行』におまかせください。

 

お問い合わせはこちらから

 

詳細はこちら

「家族葬」とは、どんな式?

家族葬は、近年多くの式場で行われるようになった葬儀の一つです。多くの参列者を招いてお見送りする一般葬よりも小規模で、ご家族や親族を中心とした少人数での式となります。

 

家族葬が用いられるようになった背景としては、ご遺族の負担軽減が大きな理由として考えられます。多くの方が訪れる葬儀は、金銭的な負担はもちろん、ご来場いただいた参列者の方の対応もしなければなりません。大切な方が亡くなったばかりで悲しみに暮れているご遺族にとっては、体力的にも精神的にも辛い部分が大きいものです。

 

家族葬であれば、参列する人数も限られており、会場や飾りつけも特別大きくする必要はありません。家族葬といっても血縁者以外は呼んではいけないという決まりはありませんので、故人様が親しくしていた方など限られた人数で葬儀をあげられれば十分という方にもおすすめの形式です。

 

東京・小平市の『葬儀の正行』は、大切な方との最後のひとときを真心込めてお手伝いする葬儀社です。時代とともに変化する葬儀の形に柔軟に対応し、一般葬、家族葬、自宅葬、直葬などご希望に合わせたプランを幅広くご用意しています。

大切な家族の一員であるペット葬や生花のご注文も承っております。ご相談からお見送りまで、葬儀に関するトータルサポートは安心して『葬儀の正行』におまかせください。

 

お問い合わせはこちらから

 

詳細はこちら

万が一に備えたい方へ。生前相談にも対応しております

人が一生を終える瞬間は、予測できないことがほとんどです。例え時間的な猶予があったとしても元気なうちから亡くなった後のことを考えるのは不謹慎と感じる方も多く、突然のことであればなおさら心の準備もできないのが普通でしょう。

 

もしもの時に、残された家族に負担を掛けたくない。そんなご希望にお応えして、当社では事前に葬儀についてのご準備を行う生前相談にも対応しております。万が一に備えて希望のプランや要望を整えておけば、何かあったらあちらに連絡してねと伝えるだけでその後のやりとりがスムーズになります。

 

式に呼んでほしい方ややってほしいことが決まっている方にも、生前相談はおすすめです。残された方もご本人の希望を叶えてあげられるということで安心してお見送りができます。どうぞお気軽にご相談ください。

 

東京・小平市の『葬儀の正行』は、大切な方との最後のひとときを真心込めてお手伝いする葬儀社です。時代とともに変化する葬儀の形に柔軟に対応し、一般葬、家族葬、自宅葬、直葬などご希望に合わせたプランを幅広くご用意しています。

大切な家族の一員であるペット葬や生花のご注文も承っております。ご相談からお見送りまで、葬儀に関するトータルサポートは安心して『葬儀の正行』におまかせください。

 

お問い合わせはこちらから

 

詳細はこちら