メニューを開く

コラム
コラム

「家族葬」とは、どんな式?

家族葬は、近年多くの式場で行われるようになった葬儀の一つです。多くの参列者を招いてお見送りする一般葬よりも小規模で、ご家族や親族を中心とした少人数での式となります。

 

家族葬が用いられるようになった背景としては、ご遺族の負担軽減が大きな理由として考えられます。多くの方が訪れる葬儀は、金銭的な負担はもちろん、ご来場いただいた参列者の方の対応もしなければなりません。大切な方が亡くなったばかりで悲しみに暮れているご遺族にとっては、体力的にも精神的にも辛い部分が大きいものです。

 

家族葬であれば、参列する人数も限られており、会場や飾りつけも特別大きくする必要はありません。家族葬といっても血縁者以外は呼んではいけないという決まりはありませんので、故人様が親しくしていた方など限られた人数で葬儀をあげられれば十分という方にもおすすめの形式です。

 

東京・小平市の『葬儀の正行』は、大切な方との最後のひとときを真心込めてお手伝いする葬儀社です。時代とともに変化する葬儀の形に柔軟に対応し、一般葬、家族葬、自宅葬、直葬などご希望に合わせたプランを幅広くご用意しています。

大切な家族の一員であるペット葬や生花のご注文も承っております。ご相談からお見送りまで、葬儀に関するトータルサポートは安心して『葬儀の正行』におまかせください。

 

お問い合わせはこちらから

 

詳細はこちら

万が一に備えたい方へ。生前相談にも対応しております

人が一生を終える瞬間は、予測できないことがほとんどです。例え時間的な猶予があったとしても元気なうちから亡くなった後のことを考えるのは不謹慎と感じる方も多く、突然のことであればなおさら心の準備もできないのが普通でしょう。

 

もしもの時に、残された家族に負担を掛けたくない。そんなご希望にお応えして、当社では事前に葬儀についてのご準備を行う生前相談にも対応しております。万が一に備えて希望のプランや要望を整えておけば、何かあったらあちらに連絡してねと伝えるだけでその後のやりとりがスムーズになります。

 

式に呼んでほしい方ややってほしいことが決まっている方にも、生前相談はおすすめです。残された方もご本人の希望を叶えてあげられるということで安心してお見送りができます。どうぞお気軽にご相談ください。

 

東京・小平市の『葬儀の正行』は、大切な方との最後のひとときを真心込めてお手伝いする葬儀社です。時代とともに変化する葬儀の形に柔軟に対応し、一般葬、家族葬、自宅葬、直葬などご希望に合わせたプランを幅広くご用意しています。

大切な家族の一員であるペット葬や生花のご注文も承っております。ご相談からお見送りまで、葬儀に関するトータルサポートは安心して『葬儀の正行』におまかせください。

 

お問い合わせはこちらから

 

詳細はこちら

葬儀のあり方も年々多様化しています

葬儀の歴史は古く、日本でも縄文時代から屈葬というかたちで亡くなった人を弔ってきたという記録が残されています。

葬儀のかたちも次第に変化し飛鳥時代には、火葬が行われたという記録も発見されています。

仏教の教えや宗派の広がりの影響を受け、少しずつかたちを変え現代の葬儀のかたちへと移り変わってきました。

親族や故人と関わりの合った人たちがお通夜、告別式に参加し故人を見送るという流れの式が一般化し定着していますね。

しかし、近年ではさらに、葬儀も多様化をみせています。

故人自ら生前に自身の式についてのプランを立てておくと言ったケースや、核家族化の影響を受け家族葬で故人を見送るといったかたちの式を希望される方も増えています。

また、遺骨も従来のようにお墓に納骨するのではなく、故人の希望により海や山、故人とゆかりの深い場所に散骨する、という方法も広まりをみせているのです。

葬儀のかたちも時代と共に変化しています。

東京都小平市の株式会社エムエスジーの葬儀の正行では、家族葬やペット葬などご遺族の希望にそったかたちのプランで対応することが可能です。

他にも自宅葬や音楽葬、オリジナル葬など葬儀のサポートをさせていただきます。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

生花の販売・注文も承っております

突然の訃報を受け、葬儀に参加することが難しい時に「故人へ生花を送りたい」と思われる方も多いと思います。

葬儀の際、生花を送る時のマナーについてみていきましょう。

まず、生花の手配をする前に葬儀会社に連絡をし、遺族に生花を送っても大丈夫か確認しましょう。

送る生花も和花、洋花と種類がある点や、地域のしきたりや宗派によって供花の方法にも違いがあるためです。

また、遺族が望んでいる葬儀のかたちによっても生花を辞退したいというケースもあるので、遺族の希望にそうように配慮することが重要です。

そして、生花は会場設置の際に配置されるため、それまでに会場に届いている必要があります。

通夜の日の午前中まで、告別式の際は前日までに届くよう手配しましょう。

しかし、式の開始まであまりにも早いタイミングで生花が到着することは、死を予見していたという悪い印象を与えてしまうため避けましょう。

東京都小平市の株式会社エムエスジーの葬儀の正行では、家族葬やペット葬など、それぞれの希望にあった式のご準備への対応が可能です。

生花の販売や注文も承っております。

自宅葬や音楽葬、オリジナル葬など故人や遺族のみなさまのご要望にそったかたちの葬儀をサポートさせていただきます。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

ペット葬にも対応可能です!

長年連れ添ったペットが寿命をまっとうした時の喪失感は、計り知れません。

ペットの供養として、埋葬や火葬などの方法がありますが、近年ではペットも家族の一員として考える方が増え、飼い主のみなさんもワンちゃんやネコちゃんの最後の見送りの葬儀をしてあげたいという希望が増えました。

その影響を受け、ペット葬も一般的となり日本国内でも多く執り行われるようになってきましたね。

人の葬儀と同じように僧侶の読経、祭壇の準備をし、葬儀を行うかたちにしたり、火葬のみを希望したり、残された家族の希望にそったプランを選べるケースも多いです。

初めて一緒に暮らしたペットとの別れが訪れた場合、どのように手配をしたら良いか分からないこともあると思います。

まずは、地域でペット葬を行える葬儀会社に相談してみると安心ですね。

自分たちの要望を伝え、どのような対応をしてもらえるか確認し、ペットとの最後のお別れの準備をしましょう。

東京都小平市の株式会社エムエスジーの葬儀の正行では、家族葬やペット葬とそれぞれの希望にそったかたちで対応することが可能です。

他にも自宅葬や音楽葬、オリジナル葬など故人や遺族のみなさまのご要望にそったかたちの葬儀をサポートさせていただきます。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

故人にとっても残された家族にとっても良い式を

お葬式は故人にとって最後のセレモニーとなり、残された遺族にとっても故人との最後の分かれの式となりますね。

そんな葬儀の種類や葬儀に対する考え方も近年多様化してきています。

核家族化が進んだことによるお墓の管理の仕方や少人数で葬儀をおこなう家族葬なども増え、色々なかたちで変化しています。

他にもペットと一緒に暮らす方も増加しており、ペット葬の需要も高まっています。

また終活という、2010年に新語・流行語大賞にもノミネートされた言葉の影響もあり、自分自身の人生の最後について事前に備え準備しているという方も増えてきています。

故人にとっても残された家族にとっても良い式をおこない、最後のお見送りしたいですね。

そのためにも信頼できる葬儀会社を選ぶことが大切です。

実際、臨終から葬儀までの期間に準備はとてもスピーディーに進んでいきます。

法的な手続きから、葬儀の準備と目まぐるしく進みますので、分からないことは担当者と確認し合いながら準備を進めましょう。

東京都小平市の株式会社エムエスジーの葬儀の正行では、さまざまなかたちの葬儀に対応することが可能です。

家族葬をはじめ、自宅葬、ペット葬、音楽葬やオリジナル葬など故人や遺族のみなさまのご希望にそったかたちの葬儀をサポートいたします。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

ペットの葬儀ではどんな準備が必要?

ご家庭でペットと一緒に暮らす方が増え、家族の一員であるペットが亡くなった際におこなうペット葬の需要も高まっています。

人と同じようにペットも葬儀をおこない送り出してあげたいというご家族の想いを大切にし、ペット葬のかたちも多様化しています。

急なことで深い悲しみを抱えていると思いますが、まずはペット葬が可能な業者へ連絡してみてください。

遺体はタオルの上に寝かせ、風通しが良く涼しい場所に安置して、首輪などカラダに装着した状態のままにしておかず、外しておきましょう。

そして、死後硬直がはじまる前に目や口は閉じてあげ、足はピンとした状態ではなく折り曲げ寝ている時のような状態にしてあげてください。

そして、火葬の際に一緒に棺に入れてあげるものを用意しておきましょう。

一緒に入れてあげることが可能な物と不可能な物がありますので、事前に業者に確認しておくと良いですね。

東京都小平市の株式会社エムエスジーの葬儀の正行では、さまざまなかたちの葬儀に対応することが可能です。

ペット葬ではセレモニープランと火葬プランの2つのタイプのプランをご用意しておりますので、ご希望のプランにて葬儀のサポートをさせていただきます。

葬儀に関するお悩みをお持ちの方もご相談ください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

遺影を選ぶ時のポイント

初めてお葬式の準備に関わる時、どんな準備をしたらいいのか分からないことがたくさんありますよね。

その準備の中には遺影を選ぶこともあげられます。

遺影を選ぶのが大変だったという声や、時間がかかったという声も耳にします。

中には故人自身があらかじめ使ってほしい写真を選んでいる方もいらっしゃいますが、残された遺族が遺影の写真を選ぶケースも多いです。

また遺影は、お葬式の時だけでなく自宅に戻られてからもお部屋に飾る方が多いと思います。

故人を思い起こせる良い写真を遺影として使いたいですよね。

そんな遺影に使う写真を選ぶ時のポイントは、まずは写真がぼやけておらず、故人が大きく写っていること。

そして、表情や故人らしさを感じられる写真を選ぶことが重要です。

病気を患っていた場合は病気前の元気な頃の写真を選んだり、何かの記念の時に撮った写真を選んだりしてみてくだい。

写真の修正技術も高まり、背景などに手を加えることも可能となっています。

東京都小平市の株式会社エムエスジーの葬儀では、さまざまなかたちの葬儀に対応することが可能です。

家族葬をはじめ、自宅葬、ペット葬、音楽葬やオリジナル葬など故人や遺族のみなさまのご希望にそったかたちの葬儀をサポートいたします。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

供花をする方法は?

亡くなられた方との関係性によっても異なるので一概にはいえませんが、会社としてあるいは〇〇一同として供花を送る場合はどのようにお花を手配するとよいのかご存知でしょうか?

今回は、供花をする際の方法についてお話ししたいと思います。

まず最初に、ご遺族様か斎場へ直接連絡をして、会場で供花をしてもよいかを確認しましょう。

故人様やご遺族様のご意向で、供花を受け付けていない場合もあります。

他にも、宗教や葬儀の種類、斎場の広さなどによっては、供花の種類やサイズの指定がある場合も考えられます。

キリスト教の式の場合は、キクの花でなくユリや白いお花が飾られることが多いことや式が行われる会場に供花を行わない場合も多いです。他にも、葬儀会社を通しての供花以外を受け付けていない場合もあります。

供花が可能かそうでないかの確認ができたら、葬儀会社か外部の業者に供花の手配を行います。このとき、どこに何時頃到着するように手配をするかをしっかり確認しましょう。

近年は、葬儀は一般葬だけでなく、家族葬や1日葬を選ばれるケースも多いので、訃報を連絡を受けた際に斎場の場所と連絡先を確認して、直接供花の流れについて問い合わせると、葬儀の雰囲気に適したお花を送ることができます。

お通夜やお葬式でわからないことがある場合は、葬儀会社に確認をすると安心です。

小平市近辺で、供花や生花販売のことなら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

個別火葬のペット葬で後悔をしないお別れを

ペットは家族の一員です。愛するペットが亡くなったときの悲しさは、人もペットも変わることはありません。愛犬や愛猫、ペットと過ごした日々はかけがえのない時間です。

ペットの葬儀も人間と同じように行われ、個別火葬と合同火葬があります。

合同火葬では、同時期に亡くなられた他のペットと一緒に火葬が行われるため、一般的にご自身のタイミングで最期のお別れをしにくいことや、収骨に立ち会うことはできません。その分費用が安いといわれています。

個別火葬の場合は、火葬が終わり収骨に立ち会う方法と立ち会わない方法があります。

立ち合いを行う個別火葬の場合は、人間の葬儀の流れと同じように、納棺から火葬、収骨を行い、お家にご遺骨の入った骨壺を持って帰られる、ペットの入ることができる墓地や霊園に納骨を行うなど、飼い主さんのご意向にそった方法を選択することができます。

このため、最期のお別れをちゃんと行いたいという方は多く選ばれる方法です。しかし、その分金額が高くなります。

ペットなのに、人間と同じような葬儀をするの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、愛するペットを安らかに天国に送りたい、虹の橋で待っていて欲しいと願う飼い主様の想いは、ペットを心から愛されたことのある方なら共感できるはずです。

小平市近辺で、愛犬や愛猫などのペット葬をお探しなら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら